医療費抑制政策、増加傾向にある医療過誤訴訟、医師の病院離れによる開業医の増加…診療所を取り囲む環境は年々厳しさを増しています。

今後も医療機関として存続していく為には良い医療を提供する、健全経営等はもはや当たり前で、患者さんや地域、従業員、近医や取引企業からも信頼される強く正しい企業体である必要があります。
患者さんの高まるニーズに対応する。増患・増収。医療過誤訴訟や労使紛争を未然に防ぐ対策。スタッフの質を上げつつ定着率も維持する―など、診療所ではまだまだ行わなければならない事が山積みです。

そのようなときにアドバイスをくれるのが医療コンサルタントですが、基本的にコンサルタントは提案どまりです。実際に実行するのは院長先生であり、スタッフです。アドバイスの中には「わかっているけれど、実際にはできない」という事も多く、結果、先生も断念してしまいます。

弊社操業当時、コンサルタントの多くは税理士事務所であったり人材紹介会社、もしくは異業種の経営コンサルタントがほとんどでした。実際に医療の現場経験が数十年あるからこその知識と経験で先生方のお役に立ちたいとの一心で創業、現在に至っております。

改善点は改善し、管理すべき点はしっかり管理する。私どもは実際に事務長として院内に入り込み、実務を通してクリニックの安定化を図っていきたいと切に願っています。

 

 

 

医療コンサルタントではなく貴院の事務長として


提供している医療を客観的に評価する、健全な経営を維持する、強く正しい企業体を構築する。これらを統括するのが事務長職です。本来であれば、すべての医療機関に事務長職が就いているべきですが、一般の診療所では事務長を雇用する余裕がない、全医療機関を網羅するだけの事務長がいない等、現実的には不可能です。
そこで、事務長を複数医療機関でシェアして頂く事を目的に弊社を設立致しました。
弊社は人材派遣業者ではありません。事務長経験者のコンサルタントが実務をこなし、難題には他のコンサルタントのサポートを受けながら業務にあたります。従いまして、実働時間やコストが5分の1(「サポート20」の場合)であったとしても、作業の内容・質はもっと高いものになると考えています。

弊社コンサルタントは元来医療人のつもりでおります。医療機関での管理業務を通じてより多くの「誰にも喜ばれる医療機関づくり」に携わり続けたいと考えています

 

 

 

設立目的

実務的事務長代行のパイオニア

株式会社メディカルマネジメントサポート

事務長業務代行 事務長派遣・出向 院外事務長