事務長は、医療機関の業務のうち、直接的な診療以外の全てに携わります。
主要なものとしては、経営管理、人的管理(勤怠管理、入退職、採用)、診療報酬対策、官公庁諸届、対外営業活動(他院や消防、健保等)などがあります。
院内における営繕や患者サービス向上への取り組み、医療機器や薬剤などの価格交渉、スタッフの研修スケジュールの策定なども必要に応じて行います。
医療機関は専門職の集合体であり、それぞれの専門分野も含め、すべてが事務長の責任範囲となります。新規案件、不測の事態、さまざまな事柄に対して最後の砦となります。

 

 

【一般的な事務長業務】

〇経営管理
・事業計画
・財務管理
・税理士への資料作成
・経営分析資料の作成
・医事統計
・売上管理
・レセプト精度管理
・集患対策

〇人事労務管理
・入退職管理
・社会保険等手続き
・人事考課
・給与計算
・就業規則
・研修、教育
・職員の定着化
・福利厚生
・労使紛争対応

〇院内管理業務
・営繕
・機器メンテナンス管理
・医薬品、器材等在庫管理
・医薬品、器材、機器等納入価適正化
・部署、職種毎の業務マニュアル
・カルテ、レセプトの電算化
・院内PACS化
・ホームページ管理〇対外的業務
・患者サービス改善
・院内美化
・リスクマネージメント
・病診、診診連携強化
・対外営業、広報活動〇対官公庁業務
・各種許認可、報告、届出
・官公庁対策、折衝
・監査、医療監視対策

 

【一般業務・日常業務以外の最近の対応実例】

〇医療法人設立
〇定款変更(クリニック移転)
〇医師会役員の事務手伝い(定例会の準備など)
〇学位論文の為のデータ集計等
〇分院開設(物件・管理医師手配・MRI等機器導入プランの作成など)
〇定期広報誌の発行
〇自由診療(美容部門)メニュー作成及びスタッフ手配
〇Wordpressを用いたHPの新規制作、管理
〇ドック健康診断対外営業活動(健保・事業所)
〇オリジナルパンフ作成
〇小児科医による保育所開設(土地選定・金融機関借入交渉・開設・行政届出)
〇42条医療法人付帯設備としてのフィットネスクラブオープン支援
〇法人ロゴデザイン
〇医師会ゴルフコンペのセッティング
〇労働審判対応(裁判所帯同・弁護士等との連携)
〇不良職員の解雇

これらも通常の契約の範囲内で行っており、追加費用は発生していません。