クリニックの事務長を募集しているが、採用に繋がらない医院様。

・採用はしたものの、なかなか期待するスキルではなかった

・すぐに退職してしまった

・自院の希望する人材に巡り合えない

・求人を出しているが応募がない

など理由はさまざまだと思います。

 

院長先生の片腕たる事務長を採用するのは、なかなか大変かと思います。

スキルや人柄、院長先生との相性など全ての一致を願いつつも完全一致が叶わず妥協し、その結果、長続きしなかったり、逆に完全一致を求めすぎていつまで経っても採用できなかったりと。

その間にも仕事は溜まり、院内に目が行き届かず、院長先生は診療に専念しきれない…

このような状況でも是非ご相談下さい。

一時的に、弊社スタッフが事務長として入り、事務長業務を行いながら

・事務長求人を行う

・応募者の事務長の採用面接、スキルチェックを行う

・事務長採用に向け、院内での事務長業務の確立を行う

等、事務長求人募集のみならず常勤事務長が定着しやすい形づくりを行い、採用と同時にバトンタッチを行います。

〇常勤事務長採用後も、補佐的にサポートもしくは主導する事での支援も可能です。

 

事務長不在期間が少しでも短縮できるようお手伝いを致します。

 

 

事務長募集・求人支援

実務的事務長代行のパイオニア

株式会社メディカルマネジメントサポート

事務長業務代行 事務長派遣・出向 院外事務 求人支援

クリニック事務長のことなら